トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

2日連続

12/28(木) 12:00-13:00 & 14:00-15:00 南西→西南西〜西 41オーバー(37でジャストオーバー) 波:すね〜膝 セットで尻 クワトロ69

年末のプレゼント、2日連続のウエイブ。昨日のザ・デイを堪能した余裕と年からくる筋肉の疲れから、強風&小波コンディションに、やや気合いが入らないライディングだった。

もったいないよ〜 次からは「その時、その場所にいられる幸せ」を大切にしよう。

この2日連続ウエイブの疲れか、29日〜30日は、お腹にくる風邪で静かにしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

THE DAY 彷彿

12/27(水)15:00-16:15 西南西→西 53ジャストアンダー 波:セットで頭~ロゴハイ

2年前の冬「THE DAY」を少し彷彿させるコンディションだった。海に到着するとグランドスウェルが入ってた。1セット3~4波、かなりでかい。ただ、セット間隔があったので、比較的楽にアウトに出れる。

大きな波に乗って、スピードを上げてボトムターンに入る。レイルが波を捉えるのが分かる。そして体重を抜いてトップターンへ。上れる。いつの間にか上れるようになっている。そしてトップターン。波の力を借りて返す。上手くいくダウンザラインも、失敗もあったが、こんな大きな波でも楽しく乗れるようになっている。

2年前に比べて、「オレ、なんか上手くなっている!」。セイルボーダーズに入って良かった。友達も出来た。そしてウインドが上手くなった。

今日のコンディションは忘れない。あと少しで人事がある。そうすると、しばらく平日に会社をサボって海に来ることが難しいかもしれない。だから、今日も会社をサボって海に来た。上手くなりたい。今、ちょっとづつだけど上手くなっているのがわかる。もっとウインド上手くなりたい。でも、「バランスも大切」。

Y061227 風が吹くか微妙な天気図だった。天気予報でもあまり吹かない予報も多かった。午前~午後はやめは吹かなかったらしい。14時くらいから、風が上がってきたらしい。

艇庫をチェンジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

寒い海

1224jpg200px 12/23(金) 14:30-15:30 65+CHILLI 東北東~東南東 1-2m 65ノンプレ 波:フラット セット:脛(だが限りなくビーチ際でのショアブレイク ロングでも辛そう) 曇り とにかく寒い一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

SUNDAY WAVE

Jmap0 過去この天気図だと、予報では「南西の風強く」でも、実際は「北東ヒヨヒヨ」ってのが湘南の冬。ところが、今朝、海に散歩に行くと、南西が吹いている。47くらい吹いてる(波はヒザだが・・・)

午前の用事の後、海到着、12:30。ところが、朝見た風は消えて、プレーニングしてる人はほとんどいない。波は脛。

1217 しかし、俺に残された本日の時間は3時間! 夕方に向けて風が西に振れて上がる雰囲気は漂ってる(って言うか、そう思いたがってる)。仕事の10倍頭を使って選んだセットは、5.3㎡+クワトロ赤イルカ(85ℓ)。

12/17(日)13:00-13:45 南西 53アンダー~ジャストアンダー 波:セットで腹(普段はヒザモモ) セット間隔5分という渋い波周りの中、最大セットにバックサイドで引っ張って、一発フロント勝負をかけるコンディション。でもさ、日曜日にウエイブ出来るなんて幸せじゃん。全然問題なしッス。

って、謙虚に生きてるといい事あるよ。師匠から「今日は、七里に行きましょう」と言うナイスな誘い。

「よっしゃ!」と気合を入れて、「七里ガ浜、待ってました!行っちゃう行っちゃう、ルンルン」ビームを出してみせるオレ。ちなみに、隣のMY FRIENDは、早くも顔が凍ってる。皆心なしか口数が少ねぇ。へへへ。(白状しちゃいますが、ちなみにその時のオレは、心臓がバクバクで喉から飛び出てくるんじゃねぇのかと思ってタッス。その上、さっきしたばっかりなのに、トイレに行きたくなった。「やっぱり、七里は止めときましょう」という言葉を一番待っていたのはもしかしたらオレ?)

14:15-15:30 時間は無常に流れ、七里に向かうことへ(きゃーー)。ところが、オレ様も少しは上手くなってるようで、沖から一本で、七里までスムーズに到着。「きゃ~ 祝! 初、七里ガ浜」って感じで、現金なもんでいきなり肩サイズの波に乗るオレ。

もちろん、オンだから一気にフロントへは行けないが、波の力があるので、バックサイド→一発フロント当てが、何とか出来ちゃう。すげー、楽しい。来て良かった~

それにしても、早くも今シーズン、ウエイブ4回目。幸せ~

チャオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

地味なコンディション

12/10(日)14:30-16:30 サーフィン 11℃ 曇り一時小雨 波:脛~膝 セットでモモ たまにHIP! セットは3~5分に2~3本。今日はテイクオフで横に行く練習を特訓。2時間やって、少しは良くなった。

※典型的な湘南の冬の一日。朝から風は弱く、西~北~東と1メートル程の風がくるくる向きを変える。波は脛、たまのセットでモモ、上手くいくとHIP。

※ウインド、サーフィンとも渋いコンディションだが、海には浸かりたい。浸からないと1週間のサラリーマン生活に響きそう。練習出来る中身でサーフィンを選択。ウエイブ上達の一環として始めたサーフィン。これも楽しい。

★テイクオフで横(斜め)に行くためには

①視線を行く方向にしっかり向ける(岸を見ない)。

②胸をレイル寄りに持ってく(レイルが入りやすくなる)

③レイルをしっかり入れる(しっかり入れないとすぐボードが平行に戻りやすいし、リップに巻き上げられる力でひっくり返る)

④より強いパドリングが必要(岸にまっすぐの場合波の力をもろにもらえるが、横(斜め)に行く場合は、その力の一部をより強いパドリングで作ることが必要)

⑤前を押さえつつレイルも入れ続ける(乗る間際、反った体勢から前を押さえに行くが、その際ただ前を押さえるだけだとボードが平行に戻りやすい。そのため、レイルを入れながら前を押さえ込む意識が必要)

⑥テイクオフの際もレイル寄りに身体(体重)を持って行きボードが平らにならないようにする

⑦波の形によって、最初から斜めにパドリングを出来る場合、最初は岸に向かってパドリングしだんだん斜めにしていく場合等、波の状況によって変わってくる(タルクてなだらかな場合は最初は岸に向かって勢いをつける必要がある)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

台峯

湘南というと海を連想しがちだが、山、それもわりと深い山がすぐそばに幾つもある。そのへんの海と山の絶妙のバランスが、自然を感じさせる湘南独特のゆったりとしたリズム感につながっているような気がする。

もちろん湘南に住んでいても、多くの人は日々やらなくてはいけない仕事や用事に囲まれている。誰もが四六時中ゆったりと過ごせるわけではない。特に都会へ出て働いてると、知らず知らずのうちに肩に力が入ってる。それでも、休みの日や仕事から帰って来て駅に着いた時、我々は目をつぶればそこに海の碧さや風が山を駆け抜ける音といった自然の流れを感じとれるのではないだろうか。

200612031215000 今日は鎌倉の里山・台峯に行った。

昨日のウエイブ祭りの結果、朝から腕、肩、背筋、腹筋、太ももとほとんどの筋肉がギシギシいっているため、今日はウインドは早々と諦めた(風も無いしね~ しかも、昨日は家族と過ごす時間が少なかった)。こんな日は森の中だ。

200612031158000

台峯は北鎌倉と梶原と山崎に隣接する深い森だ。いわゆる里山で、歩くための道はあるが標識の類はほとんど無い。

昼なお暗いという表現があてはまる深い木々に囲まれた山の中を歩って行くと、トトロが出てきそうな木々で出来たトンネルに遭遇したり、獣道を発見したり、街では聞かない鳥のさえずりが聞こえたりする。

僕はウインドを通して海からすごい自然のパワーをもらっているような気がする。一方で、こうして山の中にいても、同様に自然の深いパワーをもらっているような気がする。

ビバ! 湘南生活だなぁ   

※台峯は整備されたハイキングコースでは無いです。また保存すべき動植物環境が多々あるため、初めての人はまずは「フレンズ・オブ・カマクラ」等の台峯保全NPOが行っている歩く会等に入って見た方が良いです。                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

06シーズン初! Saturday WAVE

7080e10a631765c2e8dd0d110033a086 06. 12/2(土) 晴れ 15℃ ウエイブ最高 

 12:00-13:30 南西~西南西 47 アンダー~ジャストアンダー 波:セットで膝モモ クワトロ赤イルカ

 14:00-16:45 南西→西南西~西 47ジャストアンダー→ジャストオーバー~オーバー 波:↑16:00~セットで肩 クワトロ赤イルカ⇔青イルカ 

※好きなジャストオーバー&波もあって、ご機嫌フロント・ダウンザライン。脳みそのネジがキュルキュル緩んでいく音が聞こえた。ウインド最高!

※日本海に弱めの低気圧。これでこのコンディションは珍しい。通常はもっとオンがきつい。波も夕方に上がった。ここまで上がるとは思わなかった。

★波がタプタプだったりでフロントに行ってもスピードに乗らない場合

  一度トップターンへ向かい→トップでボードを返す(軽トップターン)が、大きくトップターンするのではなく→波のリップ~トップの位置で波側にレイルを入れてトップをキープし(キープする時間は波の状況による)、波のトップを横走りして→スピードに乗せて→次のアクションへつなげる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年1月 »